I'll Group
その技術は、自然と調和した環境社会のために
有機資源リサイクルを通じ、人と食と自然の関係について真剣に考えています。
株式会社アイル・クリーンテック
サイトマップグループホームページHOME
HOME > 事業紹介
事業紹介
アイル・クリーンテックは「彩の国資源循環工場」に選定されました
公共関与による全国初めての総合的「資源循環型モデル施設」
彩の国資源循環工場は、民間リサイクル施設、PFIサーマルリサイクル施設、県営最終処分場、県と民間の研究施設で構成する総合的な「資源循環モデル施設」です。

資源循環型モデル施設


アイル・クリーンテックは「食品リサイクル法」に完全対応し、循環型社会の構築に貢献しています。

近年、食品資源を取り巻く環境は生産・流通・消費の各段階での「廃棄」や「食べ残し」による大量浪費が問題となっています。
パレット式有機資源リサイクルセンター(彩の国指定循環工場)」では、食品関連事業者及び消費者から発生する「食品廃棄物」を「STEP工程(減容目的)」「堆肥化工程(生産目的)」の2つのラインで「食品リサイクル法」に完全対応した再資源化を行っています。

平成18年2月20日にアイル・クリーンテックは「食品リサイクル法」に基づき国から「登録再生利用事業者」として認定されました。

【食品リサイクル法とは】
食品廃棄物の発生の抑制、再生利用、減量に取り組み、持続的な発展ができる循環型社会の構築を目指して農林水産省より制定されました。
平成18年度までに食品廃棄物の再生利用等の実施率を20%に向上させることを目標としています。
食品リサイクル法がスタートした平成13年度を基準にする。
【登録再生利用事業者制度とは】
優良な再生利用事業者の育成などを目的とし、再生利用事業を的確に実施できる一定の要件を満たすものを登録する制度です。
関連ページ
農林水産省:食品リサイクル法関連

・財団法人 食品産業センター
 よくわかる食品リサイクル法


アイル・クリーンテックは、専門機関と共同研究を実施し、品質向上に努めています。

堆肥化実証試験 埼玉大学産学協同研究実施中

研究テーマ
「有機資源のリサイクルによる
知力及び智力(人間力)の回復」
リサイクルシステムの実証実験
  堆肥効用の検証
  教育・福祉活動との連携模索
堆肥サンプルも用意しています。
  一般肥料と当社堆肥の比較実験
 
会社概要
事業紹介
資料ダウンロード
お問い合わせは、048-825-9019

環境測定結果

パレット式自動管理システム-処理システム概要
食品残査でお困りの皆さまへ

(C)I'll Clean-Tech ページトップ