「株式会社アイル・クリーンテック」カテゴリーアーカイブ

「鶴ヶ島市 第70回リサイクルマーケット」参加

6月は「環境月間」となっており、鶴ヶ島市でも毎年市庁舎1階ロビー特設会場で民間企業によるリサイクル活動の取り組みに関する展示を行っています。当社も食品リサイクルループ構築に関しての展示を6月3日~6月25日の3週間行っております。

また、6月7日(日)には、環境イベントとして「エコ鶴市民の会」主催によるリサイクルマーケットが、市役所駐車場にて開催されました。当社有機リサイクル堆肥「めばえ」はエコ鶴市民の会で企画されている「堆肥詰め放題」で販売され毎年好評を得ています。リサイクルマーケット、環境展示を見た方からの「堆肥」の問合せも多くあり、一般の方のリサイクルへの取り組み、関心の深さには毎年参加して実感させられます。

鶴ヶ島市 第70回リサイクルマーケット1 鶴ヶ島市 第70回リサイクルマーケット2

寄居町西ノ入地区「五ノ坪花いっぱいプロジェクト」第3弾

平成26年度の「五ノ坪花いっぱいプロジェクト活動」も現在咲いている「ポピー」で終了し、平成27年度は昨年に引き続き「チューリップ」「水仙」「ポピー」に加え、新たに休耕地を整備し「花桃」「メキシコヒマワリ」を追加しての活動を行います。

今回も当社「有機リサイクル堆肥 めばえ」を施肥し土作りを行い、圃場一面を花でいっぱいにする予定です。

今年も開花が楽しみな1年となります。

五ノ坪集落農業センター                                         大里郡寄居町西ノ入2872番地

寄居町西ノ入地区4 寄居町西ノ入地区5 寄居町西ノ入地区6 寄居町西ノ入地区7

吉川市民交流センター おあしす「環境展」に参加

毎年恒例の吉川おあしすで開催の「環境展」に今年も参加して来ました。

毎年パネル展示の参加でしたが、今回は初めての試みでセミナーが開催され、弊社堆肥をご利用いただいております㈱のりすの互代表と「資源の有効活用(生ゴミの堆肥化)」という題名で講演させていただきました。ゴミの減量化に熱心な約30名の市民の方を前に、約1時間30分の講演でしたが、終了後も熱心に質問がとびかっていました。

今月は環境月間です。皆さんもこの時期環境について、考えてみてはいかがでしょうか。

吉川市民交流センター おあしす1 吉川市民交流センター おあしす2 吉川市民交流センター おあしす3

『2015 NEW環境展』 記念講演

5月26日から5月29日の4日間、東京お台場のビッグサイトにおいての『2015NEW環境展』が開催され、その3日目に開催された記念セミナーにおいて弊社寄居工場長柴田が講演を行いました。

 環境省、農林水産省両省に引き続いての講演のため、円滑にリサイクルができている企業の事例発表という主催者の意向を受け、「食品リサイクル事業で排出事業者と農業生産者から信頼を得るポイント~堆肥化の事例から~」 というタイトルでの講演となりました。

 約120名の受講者の前での発表のため、本人少々緊張気味ではありましたが、持ち前の大きな声でやり遂げ、講演後には多くの方と名刺交換をさせていただき、「今回の講演を機に、さらに食品リサイクル推進に貢献しなければ。」と、決意を新たにしておりました。

環境展1

環境展2環境展3

寄居町西ノ入地区「五ノ坪花いっぱいプロジェクト」第2弾

昨年11月に「花咲く里山癒しの会」にて「五ノ坪花いっぱいプロジェクト活動」で当社「有機堆肥 めばえ」を使用し、チューリップ4,600個、水仙3,000個、ポピーを播種しました。遊休地を花いっぱいにする取り組みですが、予定通り開花し現在チューリップの白・黄色が咲き出し、これからピンク・オレンジなどが開花予定となり4月中旬頃に見ごろを迎えます。順調にプロジェクトは進行しております。周りの里山の雰囲気と合わせ大変きれいで、癒されること間違いなしです‼ お近くにお寄りの際は、是非ご覧になってください。

☆五ノ坪集落農業センター 大里郡寄居町西ノ入2872番地

五ノ坪花いっぱいプロジェクト1 五ノ坪花いっぱいプロジェクト2 五ノ坪花いっぱいプロジェクト3

寄居町 町道129号線開通

弊社が立地しています「彩の国資源循環工場」内の道路の一部が町道129号となり、3月29日正午より開通の運びとなりました。それに伴い午前10時より開通記念式典が執り行われ、弊社からは代表取締役藤生が出席いたしました。

彩の国資源循環工場入場ゲート付近から町道126号線交差点までの約2.7kmの短い距離ですが、地元住民の方にとっては、折原五ノ坪付近から国道254号線までは、距離的にも時間的にも非常に便利になったと思われます。また、弊社搬入車両も守衛所が取り払われたことで、より一層スムーズに通過できることと思います。

この時期、資源循環工場内は桜の花が満開になり、弊社工場前も多くの一般の方が通行されることになると思います。今まで以上に安全操業を心がけ、工場稼働を行っていきます。

寄居町 町道129号線開通       寄居町 町道129号線開通1

食品リサイクル飼料化事業進出セミナー

2月25日~26日の2日間で開催された、農林水産省/全国食品リサイクル登録再生利用事業者事務連絡会(当社常任理事企業として加入の協議会)主催の『食品リサイクル飼料化事業進出セミナー』に参加しました。

定員30名先着で募集をかけたところ、数日でアッという間に定員に達し、追加で席を増やし最終的には53名の参加(それでもお断りをする方が多数)という盛況ぶりでした。

内容は、1日目農林水産省会議室での畜産の基礎知識から関係法令、エコフィードの取り組みのポイント等の講義、2日目は、神奈川県にある「日本フードエコロジー」の施設見学で、概要説明、また実際にエコフィードで豚を育てている養豚農家さんのお話し、質疑応答と非常に充実した内容となりました。

当社は、現在堆肥化リサイクルを行っていますが、飼料化との共通する問題、課題も見えましたし、今後、第2、第3の工場を検討する際の良い勉強になりました。

食品リサイクル資料化事業進出セミナー      食品リサイクル資料化事業進出セミナー1 食品リサイクル資料化事業進出セミナー2

 

「第60回寄居町駅伝競走大会に参加」

2月8日(日)、寄居町主催による「第60回寄居町駅伝競走大会」が開催されました。

当社若手のホープ 坂本勝哉社員が「彩の国資源循環工場チーム」のアンカーとして  選抜され、見事第5区3.01㎞を13分13秒のタイムで走破しました。

昨年は雪のため中止になりましたが、今年は昨年の分も合わせ体力の限界まで走り切り、参加137チーム、内一般の部65チーム中、37位でゴールしました。

本人曰く、来年は今年のタイムを更新できるよう万全の準備をし、望みたいとの意気込みを語りました。ぜひ期待したいものです

第60回寄居町駅伝競走大会に参加1 第60回寄居町駅伝競走大会に参加2

「甲種防火管理新規講習」受講

2月5日、6日の2日間、深谷市消防本部で「甲種防火管理新規講習」を柴田工場長が、受講してきました。

アイル・クリーンテック寄居工場は、消防法において防火管理が義務付けられている「防火対象物」にはあたりませんが、火災の発生を未然に防止し、万一火災が発生した場合でもその被害を最小限にとどめるため、「自分のところは自分で守る」という自主防火管理の精神に基づき受講したものです。

火災の基礎知識から始まり、消防用設備の維持管理、危険物の安全管理・地震対策、消防計画の立案等の講義を受け、実地訓練においては消火器、屋外消火栓の取り扱い、煙の中での避難体験等今までに経験したことのないことを実践できたとのことです。

今後は工場内で自主的に防火訓練も実施し、従業員全員が防火意識を高めるよう努めていきたいと意気込んでいます。

甲種防火管理新規講習1 甲種防火管理新規講習2 甲種防火管理新規講習3 甲種防火管理新規講習4

お客様ご紹介‼ 市民農園「ロータスファーム閏戸」

蓮田市にある不動産業「大蔵商事」様が、埼玉県農林公社より特定農地貸付を受けて蓮田市閏戸に市民農園を運営されています。化学肥料や農薬を使用しない「安全・安心な野菜作り」に取組まれ、当社堆肥「めばえ」をご利用いただきました。

「野菜作り教室」では指導員の指導が受けられ、資材・農機具等は無料で貸し出しとなります。時期毎に多数イベントも用意され30㎡・60㎡の区画で利用できます。

今年は「農業法人」の立上げも計画されており、まずは休耕地の「土作り」として「めばえ」の散布を行いました。今後は収穫した生産物を直営の販売所で販売することも計画されており、とても楽しみな1年となります。

市民農園「ロータスファーム閏戸」市民農園「ロータスファーム閏戸」1